すぐ起きる(0〜2歳)

赤ちゃんって思ってた程寝ないんですよね。必死で寝かしてもすぐ起きる。抱っこしてれば寝てるのに下ろすと起きる。背中にセンサーでも付いているのかと思ったり、OFFスイッチが付いてたらいいのになあと思ったり。

 

そんな日々の心の支えが育児本に書いてあった「一歳ごろにはまとめて寝るようになります」。本当に、この一文を心の支えに寝不足と、気力体力の消耗と戦っていました。

が、一歳に近づいても、一歳になっても、一歳を過ぎても、一向にまとめて寝るようになりませんでした。

 

そこに立ちはだかるのが「成長には個人差があります」。「…個人差か…」と、ずいぶん働きの悪くなった頭でぼんやり考えていました。睡眠不足だと記憶が定着しない、というのは本当らしく、私は息子が初めて立った時と歩いた時の事を覚えていません。

 

徐々に一回の睡眠時間は長くなっていきましたが、とにかく寝つきが悪い。そして不安定。夜中にパチっと目覚めて遊びだすこともよくありました。泣かれるよりはいいけど夜中に元気いっぱいに遊ばれるのもなかなかしんどかったです。

後に「発達障害かも」と思って調べた時に、睡眠の不安定さや昼夜逆転しがちな事が書いてありました。ごく普通の育児本にもこの事が書いてあったらもっと早く障害に気づいたかもと思いました(今は書いてあるのでしょうか)。

ま、気づいたからといってすぐにちゃんと寝るようになる訳ではないですが、発達障害は早く気付いて早く療育等対策をする方が、後々親子共に楽だと思うからです。私はこの時点ではまだ気付かず、気力体力ともにギリギリの日々でした。

 

ようやく息子が安定して朝まで寝るようになったのは、目安の一歳からずいぶんたった二歳7ヶ月頃でした。

子どもについて

我が家には小学3年生の息子Yがいます。Yは3歳の時に自閉症の診断を受けました。後の検査でIQは100ちょっとだったので高機能自閉症ということになるんでしょうか。お会いした当時療育センターの院長先生だったH先生が「本当はね、一回会っただけで診断はできないものなんだけど、息子さんは特徴がはっきりでてるから」と満面の笑みでおっしゃいました。そのH先生が高校の恩師に似ていたせいもあり、なんだかホッとしたのを覚えています。とりあえず「進む方向はこっちだよ」と示してもらえた感じでした。

それから自閉症や発達障害について、本を読んだり勉強会に行ったり子どもと療育に通ったりしました。

その中で学んだこと、息子の状態に当てはまること、当てはまらないこと、色々ありました。

そうやって、手探りで歩んできた子育ての道を、振り返りながら書いていってみたいと思います。

リニューアル

リニューアルしました。

というか、ハンドメイドだけで書いていける程作品を作る時間が取れず…。

そして、我が家の「難しい子育て」についてや、日々の暮らしの中で思った事なども書いてみたいな〜という気持ちもあり、リニューアルしました。

今年は去年よりは頑張って更新したいと思っています。

青海波

ふと、「青海波の模様のキルティングって可愛いかも」という思いつきがやってきて、「で、表は半円の切りっぱなしをブランケットステッチで」と続いた。

早速A4サイズくらいのベースになる布を裁ち、半円の布も何枚か切って並べてみる。ベースのシーチングが見えないようにびっしりと並べて1枚ずつブランケットステッチで縫い付けていく。もちろん(?)今回も見切り発車なので、最終的に半円が何枚必要なのかは気にせずチクチク。端切れ箱をゴソゴソ。不登校を決めこんでいた子どもを横に見ながら、当初の予想をはるかに超える時間をかけて、マットの表面が完成!半円は113枚分でした。初めにこの枚数を計算していたら作らなかったかも?見切り発車の効能です。

裏布は波っぽく水色で、薄めのキルト芯をはさんでキルティング。これまた予想以上の時間と手間をかけて、じわじわと青海波模様で水色の布が埋まっていき、春先に作り始めたマットは秋になってようやく出来上がりました。全く学校に行かなかった子どもはどうにか毎日学校に足を踏み入れるようにはなりました。数分から2時間くらい?ま、行くだけエライって事で。

勢いで作った青海波マット。実は未だに使い道が決まっていません。

久々に

ミンネに作品を出しました。

最近忙しくなり、なかなか作業時間がとれなくて…。

睡眠時間を削れる年でもないので(-_-;)、カタツムリの歩みで頑張ろうと思います。

クレイジーキルトは相変わらず大好きです。型取りしないから速そうだけど、ぴったりを探して思いのほか進まないのがクレイジーキルトのオソロシイところ。でも「コレ!」という組み合わせができると何とも嬉しいのです。

MI-YA150’S GALLERY https://minne.com/@mi-ya150 – ハンドメイドマーケットminne(ミンネ)

行き当たりばったり

秋がやってくると編み物がしたくなります。とは言え毎年編むわけではなく、えいっと勢いのある時にほぼ見切り発車で始めます。

まず押入れにしまい込んである毛糸の袋をのぞき、そして何年も前からある編み物の本を開きます。なんとなく今編みたいものに近いページを選んで、とりあえず編み始めてしまう。なんて乱暴(笑)!たいてい一回目は思ったサイズにならなくて失敗です。なんせ編み方に書いてあるのと毛糸の太さが違う。とりあえず途中まで編んでみて、どのくらい違うのか調べて調整します。二度手間です。でもその鈍臭い感じがなぜか楽しい。

正直なところ、編み上がらなくてもいいのです。編むのが楽しいのです。無心に針を動かすのがいいのです。

とか言いながら(書きながら?)時計をチラチラ見て全然無心なんかじゃない編み物タイムを過ごしています(^^;;

 

 

続きを読む

繕う

先日、本屋さんを探索していたら繕い物の本を発見しました。パラパラめくっているうちに「そうだ!ウチの穴あき布巾は繕えばいいんだ」と。何で今まで気づかなかったのかはさておき。本はとても素敵だったのですが金欠のため立ち読みで失礼して、テケテケと家に帰りました。

改めて布巾の状態を見ると、思っていたより穴が多い!洗ったお皿等をのせていく布巾なので、穴が開いていてもそんなに問題はないのですが、繕って長持ちすれば更に良し!ということで。

暇暇に2、3ヶ所ずつ繕っていて、まだしばらくはかかりそうですが、だんだん不思議な模様の布巾になってきています。

気ままマット

パッチワークをしたり小物を作ったりすると、半端な布切れがでます。捨てるには惜しい。けどやっぱり小さい!という感じの布切れたちは、端切れ箱に入れてあります。

そこから程よい端切れを探して、気ままにポットマットを作りました。2枚目です。前回のマットは1枚のキルト芯で作ってちょっと薄いな〜と思ったので今回は2枚。キルティングのボコボコがいい感じです。

型紙を写す作業がなくて楽そうなクレイジーキルトですが、形や色を合わせるのが割と手間で実は結構時間がかかります。なるべく端切れの形を生かしたい!とか思うとなおさらです。

ま、なんだかんだ言っても単に貧乏性なんですけどね。

最後の最後に

以前、minneに出品しようとパッチワークのバッグを作っていた時でした。自分用のバッグと同じタイプの小さいサイズ、四角のパッチワークです。キルティングも終わり、バッグの形に繋いで内布を縫い付けながら「ああ、もうすぐ出来上がりだな」と思った矢先。何故だか次のひと針が刺さりません。何度か刺そうとチャレンジした後、よーく針先を見てみると。がびーん!折れてました〜。

最早折れた針先がどこに行ったのか分かりません。バッグの内布の内側に入っているのか、それともどこか外に落ちているのか? どんなに探しても見つかりません。針の先ですからね、そりゃ無理です。

とりあえず、別の針で残りの部分を縫って仕上げ、バッグは自分用として使うことになりました。針先がどこかに潜んでるかもしれないバッグは売れませんしね〜。

  • なんてこったい!な出来事でした。

 

写真

写真を撮るのが苦手なのです。そもそも壁という壁に棚を置いてしまっているので、作品を撮影するためには、まず背景の壁を用意するところから始めなくてはならない。「どこを撮ってもオシャレなお家」ならいいのですが、残念ながらそんな家ではないのです。

壁を作らないで撮るならテーブル。真上にライトがあるので光ります。

少し前に作った猫顔のブローチです。猫小物を作る時はいつも、なんとなく3つ(匹?)ずつ作ります。綿をどのくらい入れるかで顔が変わります。