気ままマット

パッチワークをしたり小物を作ったりすると、半端な布切れがでます。捨てるには惜しい。けどやっぱり小さい!という感じの布切れたちは、端切れ箱に入れてあります。

そこから程よい端切れを探して、気ままにポットマットを作りました。2枚目です。前回のマットは1枚のキルト芯で作ってちょっと薄いな〜と思ったので今回は2枚。キルティングのボコボコがいい感じです。

型紙を写す作業がなくて楽そうなクレイジーキルトですが、形や色を合わせるのが割と手間で実は結構時間がかかります。なるべく端切れの形を生かしたい!とか思うとなおさらです。

ま、なんだかんだ言っても単に貧乏性なんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です