行き当たりばったり

秋がやってくると編み物がしたくなります。とは言え毎年編むわけではなく、えいっと勢いのある時にほぼ見切り発車で始めます。

まず押入れにしまい込んである毛糸の袋をのぞき、そして何年も前からある編み物の本を開きます。なんとなく今編みたいものに近いページを選んで、とりあえず編み始めてしまう。なんて乱暴(笑)!たいてい一回目は思ったサイズにならなくて失敗です。なんせ編み方に書いてあるのと毛糸の太さが違う。とりあえず途中まで編んでみて、どのくらい違うのか調べて調整します。二度手間です。でもその鈍臭い感じがなぜか楽しい。

正直なところ、編み上がらなくてもいいのです。編むのが楽しいのです。無心に針を動かすのがいいのです。

とか言いながら(書きながら?)時計をチラチラ見て全然無心なんかじゃない編み物タイムを過ごしています(^^;;

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です