子どもについて

我が家には小学3年生の息子Yがいます。Yは3歳の時に自閉症の診断を受けました。後の検査でIQは100ちょっとだったので高機能自閉症ということになるんでしょうか。お会いした当時療育センターの院長先生だったH先生が「本当はね、一回会っただけで診断はできないものなんだけど、息子さんは特徴がはっきりでてるから」と満面の笑みでおっしゃいました。そのH先生が高校の恩師に似ていたせいもあり、なんだかホッとしたのを覚えています。とりあえず「進む方向はこっちだよ」と示してもらえた感じでした。

それから自閉症や発達障害について、本を読んだり勉強会に行ったり子どもと療育に通ったりしました。

その中で学んだこと、息子の状態に当てはまること、当てはまらないこと、色々ありました。

そうやって、手探りで歩んできた子育ての道を、振り返りながら書いていってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です